エディターズダイアリー

海外旅行での時差ボケを軽減するには

2018.08.02 22:24 更新

▽夏休みに海外旅行を予定しているという人は少なくないと思います。ただ、海外に行ったときに悩まされるのが時差ボケ。せっかくの海外旅行なのに、時差ボケで楽しめなかったという経験をした人もいるのでは。時差ボケは、体内時計と現地の生活時計にずれが生じていることが原因で起きる症状とされています。一般に、太陽の動きと同じ東から西に行くときは時差ボケが軽く、東に行くときは症状が重くなるそうです。

時差ボケの症状を軽減するためには、現地時間に早く対応することが大切とのこと。例えば、睡眠や活動、食事などは、すぐに現地時間に合わせて行うとよいそうです。到着する時の現地時間をチェックしておき、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。ただし、2~3日の短期滞在の場合は、そのまま日本時間で過ごしたほうが帰国してから楽の場合もあるとのこと。


このページの先頭へ