エディターズダイアリー

肝機能の強化に卵が役立つ?

2018.07.23 19:45 更新

▽お酒を飲む機会が多く、肝機能の低下が気になるという人はいませんか? そんな人におすすめしたい食品が卵です。卵には、肝臓でのアルコール代謝に欠かせない成分がたっぷり含まれているそうです。その代表的な成分として挙げられるのが、メチオニンとのこと。メチオニンは、必須アミノ酸の一種で、肝臓でのアルコール分解作用をスムーズにする働きがあるといわれています。

また、肝臓では全身の細胞をつくるのはもとより、肝臓の細胞そのものをつくるたんぱく質を合成していますが、この働きを正常に保つうえでもメチオニンは欠かせないとされています。「改訂日本食品アミノ酸組成表」によると、卵100gにつき、このメチオニンが約400mgも含まれているとのこと。これは、ほかの食品と比べても、ずば抜けて高い値なのだとか。


このページの先頭へ