エディターズダイアリー

バスタイムにできる肩こり改善法

2018.07.19 22:48 更新

▽肩こりを改善するために、肩たたきを行っている人は多いと思います。この肩たたきを、バスタイムに行うと、より効果がアップするとのこと。やり方は簡単。入浴時に柄つきの浴用ブラシで肌をこすったり、たたいたりして刺激を与えてやるだけ。ブラシの毛の1本1本が、鍼灸療法のハリの役目を果たして、ツボを刺激するとともに、皮膚を鍛えて血行をよくしてくれるそうです。

バスタイムでの肩たたきのポイントとしては、お風呂に入ってよく体をあたためたら、右肩が痛むときは右手で、左肩が痛むときは左手でブラシを持ち、コリのひどい部分を中心に軽くたたきます。時間は3分を目安に、気持ちのいい程度の強さでたたくのがコツとのこと。


このページの先頭へ