エディターズダイアリー

おいしさを感じる歯の役割

2018.07.10 22:10 更新

▽歯の健康をケアすることは、体全体の健康を維持することにつながるといわれています。とくに、歯周病は、糖尿病との深い関係が指摘されているほか、心臓病や肺炎、低体重児出産、動脈疾患、骨粗しょう症などとの関連も報告されているそうです。また、歯は、食べ物を噛むだけでなく、味わうのにも重要な役割を担っているとされています。

食べ物のおいしさは、舌や口の中で感じ取る味覚はもちろん、歯に触れた時の歯ざわりや食感といった感覚も重要で、食べ物を味わう上では欠かせない感覚の一つとのこと。歯で物を噛んだ時に、食べ物の硬さや歯ざわり、厚みを感じとることができるのは、センサーである歯根膜が歯の根の周りに存在しているからだとか。


このページの先頭へ