エディターズダイアリー

シンプルスキンケアを実施する7割超がメーク頻度が減少

2018.07.26 18:54 更新

▽シンプルスキンケアとは、洗い過ぎず、化粧品を塗りすぎない。メークは石鹸洗顔で落ちるものが基本。リキッドファンデーションは使用せず、パウダー状のものを推奨。UV対策は、日傘・帽子の物理的な遮光を基本にして、日焼け止めを使用するのは15分以上直射日光を浴びる場合のみ。保湿はワセリンを使用。季節変化、肌状態に応じて、使用量を減らす、または使用しない--とされています。ファンデーションに頼らない素肌づくりをコンセプトに美容医療を行う白金ビューティフルエイジングクリニックでは、化粧に関する意識調査を実施したので、今日のコラムで紹介したいと思います。

シンプルスキンケアを実践中の21~77歳の女性150名を対象に行った結果、現在のファンデーションの使用頻度については、150名中45%が全くファンデーションを使用しないと回答しました。使用頻度は減ったかとの問いでは、約7割にあたる110名が、ファンデーションの使用頻度が減ったと回答しました。今の肌をどう感じているかでは、約8割が現状の肌に満足と回答しました。


このページの先頭へ