エディターズダイアリー

色がもたらす2つの心理的効果とは?

2018.07.04 22:21 更新

▽色が持つイメージは様々ですが、実際に私たちは色から様々な心理的影響を受けているといわれています。そして、色による心理的効果は、万人共通の効果である「知覚感情」と、個人差の大きい「情緒感情」の2つに大きく分けられるとのこと。

知的感情の代表的なものには、寒暖感と膨張・収縮感があるそうです。一般的に、赤や橙系統の色には暖かさを感じ、青系統の色には冷たさを感じるとされています。この色の寒暖感は、人間の歴史的な経験から呼び起こされると考えられています。暖色は炎や太陽を連想させ、そこで体感した暖かさを呼び起こし、寒色は水や海などを連想させ、そこで体感した冷たさや寒さに結びつくのだとか。


このページの先頭へ