エディターズダイアリー

睡眠リズムにおける朝の光の重要性

2018.06.20 23:49 更新

▽私たちの睡眠リズムには、朝の光が深くかかわっているといわれています。2010年夏に、南米チリの鉱山で作業員が地下に閉じ込められた事故がありました。この時、米国航空宇宙局(NASA)の心理・精神科医による専門家チームは、睡眠における助言として、地下の避難所には明るい場所と暗い場所をそれぞれ設けるように指示したとされています。全く明かりのない部屋、またはいつも明るい部屋にいると、いつ寝ればいいのか脳が理解できず、体内時計が乱れてしまうのだとか。

体内時計は、本来は25時間周期ですが、毎日、地球の自転と同じ24時間に修正されているそうです。この修正には、光、食事、運動、温度などがかかわっており、その中で、最も重要な役割を担っているのが光とのこと。朝の太陽光を浴びることで、体内時計がリセットされ、1時間のずれが調整されるそうです。


このページの先頭へ