エディターズダイアリー

現金派よりもキャッシュレス派の方が貯蓄額を増やせる傾向に

2018.03.19 21:06 更新

▽ジェーシービー(JCB)は、2月9日から13日の5日間、全国の20歳から69歳の男女1000名(全回答者)に、新年度(4月から)の目標を聞いたところ、最も多かったのは「貯蓄」(38.9%)で、2015年の調査開始以来、4年連続でトップになったそうです。また、2位は「生活費の見直し・節約」(24.6%)、3位は「仕事や家事の効率UP」(21.0%)、4位は「ダイエット」(18.3%)、5位は「趣味力UP」(17.4%)となりました。

次に、全回答者(1000名)に、新年度の貯蓄目標額を聞いたところ、「0円」が16.0%だったそうですが、「100万円台」(19.3%)や「500万円以上」(8.8%)といった回答も一定数みられ、「100万円以上」という人が37.3%になりました。また、0円との回答も含めた平均貯蓄目標額は168.7万円となりました。男女別にみると、男性の平均は212.4万円、女性の平均は124.9万円となりました。また、男女それぞれについて、年代別にみていくと、男性では30代が最も高く265.8万円、女性では50代女性が最も高く155.9万円でした。


このページの先頭へ