エディターズダイアリー

ここ2~3年で足について悩み・トラブルがある人は7割弱も

2018.03.13 18:32 更新

▽ここ2~3年で足について悩み・トラブルがある人は7割弱であることがマイボイスコムのインターネット調査で明らかとなりました(2月1日~5日に実施し、1万652件の回答)。女性30~50代では80%台と高く、男性は高年代層で高くなっているとのこと。悩みやトラブルの内容は「かかとの荒れ」「足の冷え」が各3割弱で上位となっています。この項目は女性の比率が高く、男性を20ポイント以上上回りました。「足の冷え」「足の肌の乾燥、肌荒れ」「足が太い」「毛深い」は女性30代以下、「かかとの荒れ」は女性30代以上、「外反母趾・内反小趾」は女性50代以上で高い傾向とのこと。男性高年代層では「水虫」がやや高くなっています。

足の中で気になる部位がある人は約65%、女性では8割にのぼりますが、男性10~30代では4割強にとどまりました。気になる部位は、「かかと」「爪」「ふくらはぎ」「足の裏」「ひざ」が1割強~2割。男性は「爪」「かかと」「足の裏」が各10%台、女性は「かかと」「ふくらはぎ」「足の裏」が2~4割で上位にあがっています。「もも」「ふくらはぎ」は女性若年層、「かかと」は女性30~50代で比率が高く、男性との差が大きくなっています。


このページの先頭へ