エディターズダイアリー

血液サラサラ成分やEPAが豊富な"さけ"を食べよう

2017.09.04 18:53 更新

▽白身魚のなかでは、たんぱく質と脂質に富んでいるのが“さけ”。ビタミン類ではDを多く含み、Dはカルシウムの吸収を高め、歯や骨を丈夫にすると共に筋肉の強化に役立つとのこと。

ビタミンB群も豊富だとか。B1・B2は神経の機能を正常に保ち、老化を防ぎ、細胞の再生を促して粘膜を保護するそうです。B12は神経を鎮め、赤血球の生成を助けるとされています。


このページの先頭へ