エディターズダイアリー

ランチには揚げ物ばかりでなく和定食も選んで

2017.08.22 22:26 更新

▽忙しい中でランチをとる際には、とんかつやエビフライ、コロッケ、唐揚げなど、つい手軽でリーズナブルな揚げ物の定食を選んでしまう人は多いと思います。ただ、揚げ物には油がたっぷりと使われているので注意が必要です。スプーン1杯の油で、お茶碗1杯ご飯を食べたものと同じカロリーとされていますが、これを排出するにはご飯の6倍の時間がかかるといわれています。

そこで、毎日のように揚げ物のランチを選んでいるという人は、週に2~3回はシンプルな和定食に変えてみることをおすすめします。例えば、焼き魚定食。魚にも脂分がありますが、魚の脂は、体内の汚れや脂肪を排出してくれる効果に期待できるとされています。とくに、サバやサンマなら、満腹感が感じられて腹持ちも良いので、午後の活動のエネルギー源にもなるとのこと。


このページの先頭へ