エディターズダイアリー

夏場の冷えにはお風呂を活用して

2017.08.18 17:24 更新

▽夏は熱中症に注意が必要ですが、最近は、室内の冷房が利きすぎていることもあり、夏場の冷えに悩まされている人が増えているようです。冷え対策には、体を温めることが大切です。そこで、おすすめしたいのがお風呂。夏場はシャワーですませてしまう人も多いと思いますが、冷え症の人は、夏場もしっかりお湯につかるようにしましょう。

お風呂で体を温めるには、ぬるめのお湯にゆっくり入るのが基本とのこと。この時、血液循環を良くしてくれるニンニク風呂にすると、冷え症対策にさらに効果的だとか。まず、ニンニク2片分を、皮をむいてスライスし、レンジで約30秒加熱し、臭みをとります。それを、ガーゼなどで作った袋に入れてバスタブに浮かべ、少しもんでエキスを出せばニンニク風呂になります。


このページの先頭へ