エディターズダイアリー

キャベツの栄養素を余すところなく摂取するには

2017.03.15 21:04 更新

▽キャベツには、胃・十二指腸潰瘍を予防改善し、胃腸の働きをよくするとされるビタミンUをはじめ、日本人に不足しがちなビタミンC、カリウム、カルシウムなど様々な栄養素が含まれているといわれています。また、食物繊維も豊富で、便秘改善や腸内環境を整えて免疫力を高める働きにも期待できるそうです。

キャベツを使った料理は多種ありますが、その栄養素を余すところなく摂取したい人におすすめなのが、「外葉のすりおろし」とのこと。作り方は、まず、よく水洗いしたキャベツの外葉を、おろし器ですりおろします。おろし器は金属製のものを使うとよいそうです。そして、すりおろした汁を薄いガーゼに包み、ギュッと絞れば出来上がり。


このページの先頭へ