エディターズダイアリー

暑さ対策で記録を伸ばすアスリートコンディショニングとは

2017.02.16 18:16 更新

▽アスリートにとって真夏や高温多湿の環境でスポーツをするにあたり、暑さ対策は必至になる。このような環境下で、アスリートが安全に実力を発揮できるように科学的根拠に基づいた対策を提案し、アスリートを支援することを目的にセリスタは、「第2回アスリートコンディショニングセミナー」の参加申込みを開始したという。

「第2回アスリートコンディショニングセミナー」では、日本陸連も注目する「CoreControl/体内深部冷却システム」について解説。これは、アメリカ・スタンフォード大学で約10年の月日をかけ、開発・特許が取られた、体内深部クーリングシステムとのこと。激しい運動や活動によって上昇した深部体温を効率よく適温に戻すことを目的としている。システム一式が持ち運びできるので、実際の現場ですぐにクールダウンが可能だとか。アメリカを中心に世界各国のトップアスリートや有名チームが採用しているとのこと。


このページの先頭へ