エディターズダイアリー

予想される睡眠不足に先立って昼寝をするのは効果的!!

2017.01.11 17:37 更新

▽睡眠の研究者は、眠りは脳にとって大切だと考えているそうです。しかし、最近の研究によると、睡眠不足は体の糖代謝や内分泌機能にも影響することがわかってきたとのこと。睡眠不足の結果、起こる糖代謝やホルモンの変化は加齢の変化に似ているようです。慢性の睡眠不足は加齢と関係のある糖尿病、高血圧、肥満を増加させ、記憶力の低下を引き起こすことがあるそうです。

また、睡眠不足の人の体では、血液中のグルコースとコルチゾールの濃度が高くなっているとのこと。これらのレベルが高まるのは、典型的なストレス反応ですから、睡眠不足も強いストレスとなっているわけです。こうして、血糖値の高いレベルが続くと、糖尿病、心臓疾患、脳卒中などの危険が増すというわけです。ここで問題なのは、睡眠不足がこうした病気の主要なリスクファクターだということを知っている人が少ないこと。


このページの先頭へ