エディターズダイアリー

体の2度の節目では正しい生活習慣を

2018.02.23 18:50 更新

▽体には、2度の節目があるとのこと。最初の節目は40歳ころで「若さの定年」を意味するそうです。2度目は、60歳ころだとか。かつては「人生の定年」でしたが、寿命が延びた今は「いつまでも若い人」になるか「どんどん老ける人」になるかの分岐点だそうです。

これは「代謝力」の差なのだとか。いつまでも若い人は代謝が盛んで、老け込む人は代謝が落ちているとのこと。加齢とともに、食物から体内に取り込まれた栄養素が十分に活用されなくなるとのこと。つまり、代謝の減退なのだそうです。とくに節目となるこの時期、機能の低下がいちだんと進み、体のいろいろな働きが衰えだして老化が加速していくとのこと。


腸内細菌から得られる恩恵とは?

2018.02.22 21:23 更新

▽私たちは、生きていくために毎日食事から栄養素を摂取しています。体内の消化酵素で分解できなかったものは便として排出されますが、ここで一役担ってくれるのが腸内細菌です。腸内細菌は、大腸で消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を餌にしていて、これらを発酵する際に、短鎖脂肪酸などの代謝物を出すとのこと。そして、この代謝産物が、健康に大きな恩恵をもたらしているそうです。

具体的には、大腸の上皮細胞のエネルギー源となり、大腸の働きを高めるとともに、一部は吸収されて血液で全身へ運ばれるそうです。そのほか、腸内を酸性の環境にするため、悪玉菌の増殖を抑制したり、大腸の蠕動運動を促進するなどの働きがあるといわれています。


シニアの健康意識は?病気や怪我をきっかけに健康を気にするように

2018.02.21 19:40 更新

▽健康に問題がない状態で日常生活を送れる寿命“健康寿命”という言葉が一般化しはじめ、長く生きることよりも、健康に生きることに重点が置かれるようになりました。シニアはどのようなことに気を使い健康を意識しているのでしょうか。そこでネオマーケティングは、全国の60歳以上の男女1000人に対し「健康」に関する調査を行ったとのこと。

普段から健康に気を使っているかを聞いたところ、全体では「やや気を使っている」と回答した人が最も多く52.7%となったという。「とても気を使っている」と回答した34.5%と合わせると、87.2%が健康に気を使っていることがわかりました。性別で見ると、男性の気を使っている計は86.0%、女性は91.4%となっている。男女ともに健康への関心の高さがうかがえる結果となりました。


どじょう料理が脂肪肝の予防に役立つ?
2018.02.20 18:15 更新
女性のストレス解消をはばむ「壁」とは
2018.02.19 18:56 更新
デトックスにつながる朝の半身浴
2018.02.16 21:35 更新
入浴時にすることは?男女の違いは?
2018.02.15 17:39 更新
体内時計を24時間周期に合わせるには
2018.02.14 21:18 更新
太りにくい食べ物はどっち?
2018.02.13 19:28 更新
DHAやEPAを効率よく摂る魚の食べ方は?
2018.02.09 22:34 更新
栄養がきちんと摂れる「本当の野菜の食べ方」
2018.02.08 18:27 更新
ヨーグルトを使ったプチ断食で胃腸をリセット
2018.02.07 21:12 更新
日本人の9割はお風呂好き
2018.02.06 22:29 更新
腕のだるさはトイレタイムに解消
2018.02.05 21:45 更新
「EGF」は乾燥知らずで老け知らずの美容成分
2018.02.02 23:31 更新
毛穴につまった角栓を取り除く4つの方法
2018.02.01 23:16 更新
一食あたりに必要な栄養の大部分を満たす完全サプリとは
2018.01.31 20:30 更新
骨粗しょう症予防のための三原則とは
2018.01.30 22:30 更新
運動ですっきりやせるには限界も
2018.01.29 18:48 更新
「フレイル」には早期に対処を
2018.01.26 18:46 更新
美しいボディをつくるために減らしたい2つの脂肪
2018.01.25 19:54 更新
梅干を食べて疲れ知らずの体をつくろう
2018.01.24 22:21 更新
年末年始に太ってしまったという人は?
2018.01.23 20:31 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ