エディターズダイアリー

慢性痛はなぜ起こるの?

2018.12.14 18:22 更新

▽組織が傷つくのと同時に感じ、傷が治ると消える痛みを「急性痛」と呼ぶとのこと。一方で、もともとの痛みの原因である部分の症状が治まっても痛みが続く現象を「慢性痛」というそうです。慢性痛には、慢性頭痛や慢性腰痛などがあり、特定の痛みの部分がはっきりわからないまま、鈍い痛みが長く続くとされています。

では、なぜ慢性痛では傷がないのに痛みが残るのでしょうか。実は、傷があってもなくても、急性痛と同じように脳が活動をしていると、痛みを感じ続けるとのこと。慢性痛が起こる原因は非常に複雑で、いまだに不明な点も多く、さらに長引く痛みに苦しむ患者を取り巻く環境や精神的なストレスによっても、痛みが悪化することがあるそうです。


12月は他の時期よりも食べ過ぎ・飲み過ぎが約半数に

2018.12.13 19:08 更新

▽魔法びんのグローバル企業として、人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案するサーモスでは、20代~50代の働いている男女を対象に年末の「飲み会・外食事情」と「財布事情」に関するアンケート調査を実施したとのこと。

20代~50代の有職者男女に1週間のうちの自分、もしくは家族の手作りの食事・お弁当を食べる平均回数(1日3食×7日間とし全21回)を聞いたところ、男性は、「0回」が20%でトップとなりました。特に20代、30代の男性が多く回答しました。女性は、「15回~21回未満」が29%で一番多い回答に。毎日1日3食手作りの食事・お弁当を食べると回答した男性は5%、女性は10%でした。女性は手作りの食事を食べる機会が多い傾向にありましたが、男性は、なかなか手作りの食事を食べる機会が少ないようです。


脳の機能は一生衰えない?

2018.12.12 21:52 更新

▽年齢を重ねることで、内臓や筋肉が衰えるのと同様に、脳にも様々な変化が現れるとのこと。顕著な例としては、脳の大きさの変化が挙げられます。高齢者の脳は、成人したころに比べて小さくなることが知られていて、35歳から60歳にかけて、脳の容積は約10%減少するといわれています。

こうした変化は、脳の萎縮と呼ばれており、加齢によって脳の神経細胞が減少するために起こるそうです。脳内の神経細胞が最も多くなるのは胎児期であり、その後は原則として減少の一途をたどるとのこと。このように、年齢とともに神経細胞が減少するのは自然なことであり、アルツハイマー病などによる病的な萎縮ではない限り、加齢にともなう脳の萎縮は、通常の身体的変化といえるのだとか。


自分の胸にコンプレックスがある女性は60%以上
2018.12.11 18:58 更新
乾燥する季節にはパックに一工夫を
2018.12.10 21:51 更新
二日酔い対策はウコンより「チェイサーに水」が多数派
2018.12.07 20:25 更新
目力をアップさせるアイカラーのコツ
2018.12.06 21:31 更新
ぽっこりお腹を直すには正しい姿勢を
2018.12.05 19:26 更新
顔の筋トレで若さをキープ
2018.12.04 21:57 更新
様々な健康パワーを発揮するセサミン
2018.12.03 20:21 更新
触れるケア「タクティールケア」の効果とは?
2018.11.30 20:16 更新
8割以上は鼻の毛穴に悩みを持っていることが明らかに
2018.11.29 17:29 更新
甘いお菓子は適量を守って食べよう
2018.11.28 22:11 更新
睡眠の質を高めるには高反発マットレスがオススメ
2018.11.27 19:14 更新
ストレスを軽減させる認知療法とは?
2018.11.26 19:28 更新
女性の約3人に1人が「薄毛」で悩んでいるという結果に
2018.11.22 16:49 更新
筋肉をゆるめると関節痛が軽減する?
2018.11.21 22:51 更新
忘年会などで飲酒機会が増加、飲酒運転による交通事故も
2018.11.20 19:34 更新
痛みの正体とは?
2018.11.19 23:11 更新
食器の水切れが速い食器用洗剤は食器洗いの負担を軽減
2018.11.16 23:02 更新
立ちくらみが多い人はほうれん草で鉄分補給を
2018.11.15 22:38 更新
マニアも火を吹く「激辛商店街」の最強旨辛グルメとは!?
2018.11.14 17:16 更新
食事と食事の間は4時間以上あけて
2018.11.13 22:34 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ