理美容・家電

シャープ、プラズマクラスター洗濯乾燥機<ES-W113/WS13>を発売

2020.08.28 18:22 更新

 シャープは、投入経路が詰まりにくく手入れが簡単な業界初(国内で販売されているドラム式洗濯乾燥機において。手入れがラクにできる、負圧による液体洗剤・柔軟剤自動投入方式。8月28日時点。9月17日発売予定)の新方式を採用した「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能や、洗濯物の仕上がりの好みを学習する「AI標準コース」を搭載したプラズマクラスター洗濯乾燥機2機種を発売する。

 同シリーズの「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能は、投入経路に液体洗剤・柔軟剤が詰まりにくい新方式を採用することによって、6ヵ月に1回程度の頻度で手入れするだけで毎日便利に使用できる。また、「AI標準コース」に加え、「乾燥フィルター(乾燥フィルターはメインとサブの2種類で構成されている。メインの乾燥フィルターを自動で掃除する<ES-W113>)/乾燥ダクト自動お掃除」機能を搭載することで、「AIoTでラク家事」を実現した。

 さらに、プラズマクラスター搭載で衣類の除菌・消臭ができるほか、タオル除菌コースや漂白剤コースなど清潔志向のニーズに応えた専用コースも追加した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月17日(木)

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ