理美容・家電

シャープ、コンパクトなウォーターオーブン「ヘルシオ」<AX-AJ1>を発売

2020.08.31 12:24 更新

 シャープは、火加減や時間など設定することなく、好みの食材のおいしいグリル自動調理と、健康調理が楽しめるコンパクトなウォーターオーブン「ヘルシオ」<AX-AJ1>を発売する。

 好みの食材を角皿において、キーを押すだけで、過熱水蒸気によるグリル自動調理ができる「おくだけグリル」を搭載。魚や肉、野菜などをお好みで自由に組み合わせることができ、火加減、調理時間はヘルシオにおまかせで、簡単にグリル調理を楽しむことができる。また、好きな食材・分量(1~4人分)を耐熱容器に入れてカテゴリーを選択するだけで、煮物やカレー、パスタなどを簡単に調理できる自動レンジ機能「らくチン1品」を搭載し、幅広いメニューを作ることができる。

 へルシオならではのおいしい過熱水蒸気調理に加え、多様なキッチンインテリアにマッチするホワイト・ブラック2色展開とスタイリッシュなデザインで、毎日の「健康おうちごはん」を応援する。

 少人数世帯におすすめのコンパクトなヘルシオ22Lモデルが新登場する。左右・後ろピッタリ置きと横幅47cmの実現によって、キッチンの狭いスペースにも設置できる。設置場所に悩む少人数の家庭におすすめとなっている。

 自宅にある好みの食材を組み合わせて自由に角皿におき、あとはキーを押すだけ。ヘルシオが火加減・調理時間を自動でコントロールし、ほったらかしですべての食材をちょうど良く焼き上げる自動グリル調理機能「おくだけグリル」を搭載した。これまでフライパンなどで調理していた焼き物や揚げ物などの料理をおまかせで調理でき、家庭でのラク家事をサポートする。

 2004年の発売以来、ウォーターオーブン「ヘルシオ」は、水(過熱水蒸気)で焼くことによって健康でおいしい調理ができる機器として好評を得てきた。「過熱水蒸気」は、通常の熱風オーブンと比較し約8倍(オーブン230℃調理時の1m3あたりの熱量と比較した場合。過熱水蒸気:[比熱(液体)×温度差(20℃→100℃)+蒸発熱+比熱(気体)×温度差(100℃→230℃)]×密度=298kcal/m3。オーブン加熱:比熱(気体)×温度差(20℃→230℃)×密度=35kcal/m3)の熱量を持ち、食材の内部までより早く火を通し、余分な油分や塩分を落とす健康的な調理を行うことができる。

 その他、好みの食材と分量で、煮物やカレー、パスタなどを最適な仕上がりに調理する自動レンジ調理機能「らくチン1品」も搭載している。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月17日(木)

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ