理美容・家電

日立グローバルライフソリューションズ、コードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」を発売

2020.07.16 16:00 更新

 日立グローバルライフソリューションズは、新設計の本体構造採用により強力パワーでありながら従来機種(2019年度モデルPV-BH900G。標準質量2.0kg)に比べて軽量化した標準質量(標準質量は本体・延長パイプ・パワフル スマートヘッドの合計質量です。一般社団法人 日本電機工業会自主基準(HD-10)によって測定)1.9kgを実現、また新集じん構造やスタンド式充電台で使い勝手を向上したコードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」PVBH900Hを8月15日から発売する。

 コードレス スティッククリーナーはすぐに使える手軽さから需要の拡大が続き、今年度の台数構成比は約5割を占める見込みだという(同社調べ)。スティッククリーナーのトレンドとして吸引力と本体の重さ(軽さ)が重視されているが、昨今、働き方やライフスタイルの変化によって自宅で過ごす時間が増え、「気づいたときにサッと掃除したい」、「さまざまな場所を手軽に掃除したい」など掃除シーンが増えると想定している。そこで今回、床だけでなくさまざまな場所が掃除できる「立体おそうじ」をはじめ、使い勝手に配慮した強力パワーの新製品を開発した。

 コードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」PV-BH900H>の特徴は、スムーズな気流を実現した新設計の本体流路に加えてリチウムイオン電池の電圧を上げる(PV-BH900H 電圧25.2V。従来機種(2019年度モデル)PV-BH900G 電圧21.6V)ことで、強力パワーを実現した。また、本体や延長パイプの樹脂部を軽くすることで、従来機種に比べて軽量化した標準質量1.9kgを実現した。さらに、本体は凹凸の少ないシンプルで清掃性に優れたデザインに一新した。

 好評の集じん構造「からまんプレス」構造を採用した。遠心分離の中心となる内筒部分のフィルターに髪の毛などが絡まりにくくなるので、手入れがラクになるという。

 設置サイズをコンパクトにした新「スタンド式充電台」では、付属のツールがすべて収納できるため、本体と必要なツールをサッと取り出して掃除を始めることができる。また、多彩なツールを組み合わせることでさまざまな場所が掃除できる「立体おそうじ」を継続採用した。

 同じく「パワーブーストサイクロン」シリーズとして、PV-BH500Hを同時発売する。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月15日(土)

日立グローバルライフソリューションズ=https://www.hitachi-gls.co.jp/


このページの先頭へ