理美容・家電

象印マホービン、たこ焼きやパエリアなど多彩なメニューが作れるホットプレート「やきやき」を発売

2020.07.13 11:58 更新

 象印マホービンは、進化した3枚のプレートで、焼肉・たこ焼き・お好み焼きをはじめ、パエリアやパスタなど、多彩なメニューが楽しめるスタイリッシュなデザインのホットプレート「やきやき」(EA-KJ30型)を8月1日から発売する。

 新製品の「深型プレート」は、深さが3.5cmあるので、パエリアなどの具材の多い料理や、パスタやすき焼きといった汁気の多い料理も楽しむことができる。さらに「深型プレート」は傷がつきにくい「遠赤トリプルチタンセラミックコート」という加工によって、油なじみが良くこげつきにくくなっている。「傾斜溝つき 焼肉プレート」は、プレートの溝が傾斜しているので、落ちた脂が流れやすく、ヘルシーに肉を焼くことができる。「区切り線つき たこ焼きプレート」は、区切り線がついているので、穴からあふれた材料も丸めて作りやすい設計になっている。

 その他にも、プレートのふちに直接手が触れにくい「本体ガード」や、プレートをセットしなければ通電しないなど、使いやすさと安全面にも配慮したホットプレートだという。

 また、「傾斜溝つき 焼肉プレート」と「深型プレート」の2枚のプレートがついたホットプレート「やきやき」(EA-KE20型)、「深型プレート」の1枚タイプのホットプレート「やきやき」(EA-KA10型)も同時発売する。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月1日(日)

象印マホービン=https://www.zojirushi.co.jp/


このページの先頭へ