理美容・家電

パナソニック、「ストリーム除菌洗浄」を搭載した卓上型食器洗い乾燥機「NP-TZ300」を発売

2020.07.17 15:19 更新

 パナソニックは、「ストリーム除菌洗浄」を新搭載し、約50℃以上の高圧水流によって、洗浄全コースで除菌(「乾燥のみ」の設定時は除菌できない)ができる、卓上型食器洗い乾燥機 NP-TZ300を9月1日に発売する。

 共働き世帯の増加に加え、在宅勤務や休校によって自宅での食事が増えた。同時に、調理器具や食器の後片付けについても、点数や回数が増えている。同社調査では在宅が増えて負担に感じた家事として「食器洗い」が多くあがっているという(同社5月実施インターネット調査 N=412)。また清潔志向の高まりから、洗浄するだけでなく、除菌もしたいという意識が高まっている(同社6月実施インターネット調査 N=3000)。

 同製品は、従来の「高温除菌」コースを見直し、「ストリーム除菌洗浄」を新搭載した。手洗いでは難しい約50℃以上の高い水温と、高圧水流で食器類を洗い上げ、洗浄全コースで洗浄と同時に除菌が可能になった。また、従来から搭載のパナソニック独自の技術「ナノイーX」で、庫内のニオイを抑制・除菌することで、まとめ洗い時の食器を清潔に保管できる。

 さらに、庫内の使用性向上に注力し、新たに「ボトルホルダー」を搭載した。同社調査では手洗いしにくいものとして、水筒やマイボトルやタンブラーなど長筒形状の食器類が上位にあがる(同社2018年12月実施インターネット調査 N=754)。食洗機に対応したそれらの奥底まで清潔に洗浄することができるとのこと。

 同社は、洗浄力と清潔性を追求するとともに、様々な形状の食器類に対応する使いやすさを向上した同製品で家事の負担軽減や分担を促進し、ゆとりの時間を創出する考え。

[小売価格]オープン価格(工事費別)
[発売日]9月1日(火)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ