理美容・家電

日立グローバルライフソリューションズ、IHジャー炊飯器「『ふっくら御膳』RZ-W100DM」を発売

2020.06.09 19:00 更新

 日立グローバルライフソリューションズは、IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-W100DMを7月4日から発売する。

 同製品は、京の米老舗 八代目儀兵衛の「外硬内軟」のおいしいごはんを実現した、日立独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」(「白米・極上ふつう」コース炊飯時。消費電力量、炊飯時間は出荷時設定コース「エコ炊飯」から増加する)の継続採用に加え、すしめしでも八代目儀兵衛の技が楽しめる「極上すしめし」コースを新たに採用した。

 京の米老舗 八代目儀兵衛は、京都で代々続く老舗米屋で、先代より受け継がれた技によっておいしいごはんを提供する、数多くの食通が認める銘店となっている。

 同社調査によると、購入時に重視したこととして、「おいしいごはんが食べたい」、「使いやすさ」、「お手入れのしやすさ」といった点が上位にあがり、これらを兼ね備えた製品が求められている。また、働き方やライフスタイルの変化などの社会背景から、自宅で食事をする機会も増えている。

 同社が昨年7月に発売した「ふっくら御膳」シリーズは、日立独自の「極上ひと粒炊き」を採用し、八代目儀兵衛の「外硬内軟」のごはんのおいしさが消費者に評価された。そこで今回、すしめしでも八代目儀兵衛の技が自宅で楽しめるコースを開発したという。普段のごはんもすしめしも高級料亭の技が自宅で楽しめるとともに、日々の手入れや使いやすさにも配慮したIHジャー炊飯器を提案する。

 IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-W100DMでは、京の米老舗 八代目儀兵衛の「ひと粒ひと粒しっかりとした食感で、かむと甘みが広がる外硬内軟のおいしさ」を実現した、日立独自の「極上ひと粒炊き」を継続採用した。最高1.3気圧の圧力と最高107℃の高温スチームで、ごはんひと粒ひと粒を丁寧に炊き上げる。好みや用途にあわせて選べる極上コースに、京の米老舗 八代目儀兵衛の技が楽しめる「極上すしめし」コースを新たに採用した。粒感を残しながら、水分と粘りを適度に抑えた炊き上がりで、酢と合わせたときになじみがよく、おいしく調和する。炊飯中の蒸気がほとんど出ないから、スライド式の棚の中でも使えるので、置き場所に困らず便利だとか。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月4日(土)

日立グローバルライフソリューションズ=https://www.hitachi-gls.co.jp/


このページの先頭へ