理美容・家電

シャープ、使うほどに人に寄り添って進化するウォーターオーブン「ヘルシオ」2機種を発売

2020.06.02 17:22 更新

 シャープは、AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」が調理履歴を学習することで、各家庭の使用スタイルにあわせて季節や時間帯ごとのメニューを画面上に提案する業界初「AIパネル」を新搭載し、使うほどに人に寄り添って進化するウォーターオーブン「ヘルシオ」<AX-XA10>など2機種を発売する。

 「AIパネル」が季節や時間帯ごとに、使用頻度の高い機能「いつものメニュー」と、家族の嗜好にあわせた「おすすめメニュー」を表示する。さらに、上下2段で主菜と温野菜などの副菜が同時調理できる新「まかせて調理」や、好きな食材などを入れるだけで分量を気にせず簡単に調理できる「らくチン1品」機能を新搭載した。家庭で食事を作る機会が増えた昨今、同社は、ヘルシオのAIと自動調理によって家事負担を軽減し、「おいしい健康おうちごはん」を応援する。

 主な特徴は、使い方を学習し、各家庭の使用スタイルにあわせて季節や時間帯ごとのメニューを提案する業界初「AIパネル」<XA10>を搭載した。上下2段で主菜と副菜を同時に調理できる新「まかせて調理」も搭載する。食材や分量を好みで、煮物やカレー、パスタなどを最適な仕上がりに調理する自動レンジ調理新機能「らくチン1品」も搭載した。

 「AIoT」は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット化)を組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、人に寄り添う存在に変えていくビジョン。「AIoT」はシャープの登録商標となっている。なお、クラウドサービス「COCORO KITCHEN」やAIパネル、音声対話機能の利用には、無線LAN接続が必要とのこと。同製品の音声合成ソフトウェアには、HOYA MD部門ReadSpeaker SBUの「VoiceText」を使用している。「VoiceText」は、Voiceware社の登録商標となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月18日(木)

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ