理美容・家電

アイリスオーヤマ、音声で操作できる「音声操作サーキュレーターアイ」と「音声操作サーキュレーター扇風機」を発売

2020.05.19 18:12 更新

 アイリスオーヤマは、無線LAN環境やスマートフォンのアプリケーション(アプリ)操作が不要で、設置直後から音声で操作できる「音声操作サーキュレーターアイ」と「音声操作サーキュレーター扇風機」を5月22日から順次発売する。全国の家電量販店、ホームセンターなどを中心に発売する。

 近年のAIやIoTの普及によって、音声で操作できる商品が注目を集めているが、その一方で、一部のユーザーからは無線LANへの接続や機器の初期設定、アプリ操作が難しいという不満の声も寄せられている。そこで同社では、無線LAN環境やスマートスピーカー、スマートフォンなどの専用アプリケーション(アプリ)の設定が一切不要で、設置直後から音声で操作できる独自の音声認識技術を採用した製品を開発している。昨年発売した「音声操作LEDシーリングライト」、「音声操作4K対応液晶テレビ」は、より幅広い世代の消費者から「便利で使いやすい」と好評を博しているという。

 今回発売する「音声操作サーキュレーター」3機種は、前述した独自の高性能音声認識回路とマイクを本体に内蔵しており、音声の認識から操作までの応答が速く、ストレスなく簡単に操作できるとのこと。音声で操作ができるため、買い物帰りや乳幼児連れで両手が塞がっているとき、リモコンが見当たらないときなど様々な生活シーンに対応できる。

 音声操作モードを起動するウェイクアップワード(サーキュレーターアイの場合:「ねぇ、サーキュレーター」または「はい、サーキュレーター」・サーキュレーター扇風機の場合:「ねぇ、せんぷうき」または「はい、せんぷうき」)に続き、設定された7種類の操作ワードをサーキュレーター本体に向かって発話するだけで、電源のオン・オフや風量の強弱、首ふりの設定などを簡単に操作できる。

 同社は今後も「ユーザーイン」をコンセプトとした商品開発を行い、快適な生活の実現に貢献していく考え。

 今回発売の製品は、高性能の音声認識回路とマイクをサーキュレーター本体に内蔵することで、音声の認識から操作までの応答が速く、ストレスなく簡単に操作できるとのこと。音声で操作ができるため、買い物帰りや乳幼児連れで両手が塞がっているとき、リモコンが見当たらないときなど様々な生活シーンに対応できる。

 音声操作モードを起動するウェイクアップワードに続き、設定された7種類の操作ワードをサーキュレーター本体に向かってかって発話するだけで、電源のオン・オフや風量の強弱、首ふりの設定などを簡単に操作できるとのこと。また、音声操作モード中(発話認識後、約5秒間。音声操作モード中は風量ランプが点滅)は連続して操作が可能となっている。

 ドーム型形状のスパイラルグリルにすることで、従来の平面状の前パネルと比較し風が中心に集まり、風の直進性が高まりより遠くまで風を送ることができるという。最大30畳(サーキュレーター扇風機18cmにて風量(最大時)に基づいた当社基準により設定。適用畳数は目安。サーキュレーターアイの場合適用畳数18畳(目安)まで。サーキュレーター扇風機15cmの場合適用畳数24畳(目安)まで)の部屋まで対応できるため、リビングなどの広い部屋でも強力に空気を循環・撹拌できる。

 静音運転(サーキュレーターアイの場合風量1~2の運転。サーキュレーター扇風機15cmの場合連続モード:風量1~4、リズム風モード:弱、おやすみモード:弱の運転。サーキュレーター扇風機18cmの場合連続モード:風量1~3、リズム風モード:弱、おやすみモード:弱の運転)の際は35dB以下のため、就寝時でも音を気にせず使用できる。また、切タイマー搭載(サーキュレーター扇風機15cm・18cmは入タイマー搭載。設定時間2・4・8時間)によって設定した時間後に運転が停止するため、切り忘れを心配せず使用できる。

[小売価格]
音声操作サーキュレーターアイ:1万4800円
音声操作サーキュレーター扇風機 15cm:1万9800円
音声操作サーキュレーター扇風機 18cm:2万1800円
(すべて税別)
[発売日]5月22日(金)

アイリスオーヤマ=https://www.irisohyama.co.jp/


このページの先頭へ