理美容・家電

東芝ライフスタイル、「無風感冷房」を搭載したルームエアコン2シリーズを発売

2020.04.01 16:16 更新

 東芝ライフスタイルは、ルームエアコン「大清快」の新製品として、部屋はしっかり冷やしながらも冷房の風の質を変化させて冷えすぎを抑える上、肌の乾燥を軽減する効果もある「無風感冷房」を搭載し、さらに高い省エネ性能とコンパクトサイズを両立した「DTシリーズ」5機種を4月下旬から、「無風感冷房」に加えて清潔機能や新たにIoT機能を搭載した「Rシリーズ」5機種を5月下旬から順次発売する。

 近年の夏は猛暑日が増加傾向にあり、冷房の使用時間が長くなっている中、同社は業界初の「無風感冷房」を搭載した製品を昨年に発売、猛暑の夏を快適に過ごす提案を行ってきた。そして今回、新製品2機種では、無風感冷房による冷えすぎの抑制に加え、肌の乾燥を軽減する効果も新たに検証(同社調べ)したとのこと。

 また住宅トレンドとして、日差しをより多く取り入れるため窓は大型化の傾向にあり、エアコンの据付スペースが狭くなっている。この様な事情から、高さを抑えたコンパクトサイズの室内機の需要が多くある中、DTシリーズは冷凍サイクルの設計を改良することで、従来機種と同等のサイズ(室内機:幅798mm×奥行352mm×高さ250mm)ながら、省エネ性能が大きく向上(RAS-G402DT:APF5.6、省エネ基準達成率114%)した。

 さらにウイルスを抑制するほか、カビ、細菌などの物質も除去する「プラズマ空清」や、外気温48℃の過酷な環境でも冷房運転が可能な室外機を採用。夏の猛暑の中でも安心して使うことができる。

 新たな特長としては、冷房時の冷えすぎを抑える「無風感冷房」が、肌の水分量を99%以上保持する効果を検した。室内機高さ250mmのコンパクト設計ながら、高い省エネ性を実現(DTシリーズ)している。外気温48℃の環境下でも冷房運転が可能な室外機を採用した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月下旬から順次

東芝ライフスタイル=https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/


このページの先頭へ