理美容・家電

パナソニック、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き」SR-VSX0シリーズを発売

2020.03.30 18:16 更新

 パナソニックは、「Wおどり炊き」の炊き上げ工程を進化させ強火をより長く維持することで、ハリが約10%アップした銀シャリを炊き上げるスチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX0シリーズを6月1日から発売する。

 同社は独自の「220℃高温スチーム」と「Wおどり炊き」に加えて、圧力センサーによってお米の鮮度にあわせて炊き方を自動調整する「鮮度センシング」などを搭載し、お米の特性や状態を見極めて一年中おいしいごはんを提案してきた。その結果、おいしさへの満足度も高く、昨年発売したSR-VSX9では、9割以上の人が炊き上がりのごはんのおいしさに満足している(同社調べ。SR-VSX9の愛用者、N=151)。

 同製品では、おいしさを進化させるためにごはんの食感に着目し、昨今のトレンドである「一粒一粒しっかりしたごはん」を実現させた。炊き上げ工程で圧力センサーを使用し正確に沸騰検知をすることで、強火をより長く維持し、炊き上がりのごはんのハリを約10%向上させたという。

 また、大きな画面で見やすく操作性も向上した「タッチパネル液晶」を採用し、銘柄の選択や予約時間の設定などが簡単にできるようになった。さらに、「炊込みごはん」コースを進化させ、炊き上がりのべたつきが低減し一粒一粒ほぐれやすく、味が染み込みやすくなった。

 同社は同製品を通して、ごはんの愉しみ方を提案するとともに、ごはんのおいしさにこだわる消費者のニーズに対応する考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月1日(月)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ