理美容・家電

パナソニック、「ナノイーX」搭載でニオイを分解脱臭するコンパクト脱臭機MS-DM10を発売

2019.09.17 14:46 更新

 パナソニックは、「ナノイーX」搭載でニオイケアができる「脱臭機シリーズ」から、持ち運びが可能なコンパクト脱臭機MS-DM10を11月20日から発売する。

 同社は近年高まっている清潔意識に着目し、自宅で簡単にニオイケアができる製品として、2017年にハンガーにかけるだけで衣類のニオイケアができる脱臭ハンガーを、2018年に差し込むだけで靴のニオイケアができる靴脱臭機を発売した。自宅でだけでなく、外出先での衣類のニオイケアのニーズについて同社が調査を行ったところ、出張先や旅行先でニオイケアをしている人は約29%だったが、出張先や旅行先でもニオイケアをしたいと回答した人は、半数以上でした(2018年12月パナソニック調べN=1822)。また、1年以内に宿泊を伴う出張や旅行をした人が、衣類に付くと気になるニオイは、1位がタバコ臭(約50%)、2位が外食臭(約42%)、3位が汗臭(約36%)だった(2019年2月パナソニック調べN=200)。

 同製品は、同社独自の微粒子イオン「ナノイーX」を搭載し、衣類やバッグなどの小物に付着した汗やタバコ、焼肉などのニオイを分解脱臭するという。衣類の場合はハンガーに衣類とコンパクト脱臭機をかけるだけ、バッグの場合は中に入れるだけで、簡単に使用できるとのこと。コンパクトサイズで持ち運びができるため、出張先や旅行先にも持っていくことができ、専用ケーブルはUSBタイプなので、手持ちのACアダプターとつないでの使用や、モバイルバッテリーとつないでコンセントがない場所でも使用できる。

 同社は、同製品で手軽にできる衣類のニオイケアを提案し、新たな需要を創造するとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月20日(水)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ