理美容・家電

パナソニック、おしゃれ着も黄ばみ除去ができるななめドラム洗濯乾燥機「NA-VX900AL」他4機種を発売

2019.09.02 19:09 更新

 パナソニックは、好評の「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能付きのななめドラム洗濯乾燥機に搭載している「約40℃つけおきコース」を進化させ、おしゃれ着も黄ばみ除去ができるようになった、ななめドラム洗濯乾燥機NA-VX900AL他 4機種を11月1日に発売する。

 同社の調査によると、約61%の人が衣類を分けて洗濯しており、なかでも最もこだわった洗い方をしたいのはおしゃれ着だと回答している(6月同社調べ 洗濯機ユーザーN=516)。

 同製品では、同社独自の温水泡洗浄の「約40℃つけおきコース」が普段着とおしゃれ着の2つのコースに進化した。機械力を抑えてつけおき、やさしく脱水することによって、これまで対応していなかったおしゃれ着も黄ばみ除去ができるという(7時間)。さらに、普段着のコースでは、ドラムのかくはんの稼働率を上げて衣類をしっかり洗うことによって、従来は約7時間かかっていた黄ばみ除去が約3時間に短縮され(同社従来品NA-VX9900の「約40℃つけおきコース」約7時間と新製品NA-VX900Aの「約40℃つけおきコース(普段着)」約3時間の比較)、より使い勝手を向上している。

 また、今治タオルの企画・製造・販売を手掛けるIKEUCHI ORGANICのタオルソムリエ 阿部哲也氏監修のもと、タオル専用のコースを搭載しました。水量を増やしてやさしく洗い、脱水後にパイルを起こし、素材本来の適切な水分とふんわりとした風合いを保つように乾かすというタオルソムリエの技を取り入れ、タオル元来の吸水性が保たれた気持ちいい肌ざわりのタオルに仕上げる。

 そのほか、新搭載の「約60℃槽カビクリーンコース」は、温水によるスチームを槽内に充満させることで、洗浄剤なしでも黒カビの発育・カビ臭を抑制することができるとのこと。スマートフォンでも操作可能で(NA-VX900Aのみ)、従来の手入れよりも短い約2時間で完了するため(同社従来品NA-VX9900の「約30℃槽洗浄コース」約3時間との比較)、手軽にカビケアができる。

 同社は、多様な洗濯ニーズに対応しながら、洗浄力と手入れ性を向上させた同製品で快適な洗濯スタイルを提案するという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月1日(金)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ