理美容・家電

ドリテック、全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」を発売

2019.08.27 16:55 更新

 ドリテックは、“全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」”(品番:CM-200)を9月上旬から販売を開始する。

 2杯~4杯分のコーヒーを手軽に楽しめる全自動コーヒーメーカーとのこと。好みに合わせて粗挽き・中挽きの2段階が選べる。また、市販のコーヒー粉も使用可能となっている。ドリップ終了後、約40分間自動的に保温され温かさをキープする。保温時間が過ぎると自動で電源がオフになる。付属の計量スプーンで杯数分のコーヒー豆(粉)を入れて、電源をONにすると自動で豆挽き、ドリップがはじまるので、忙しい朝も支度をしている間に出来上がる。

 同品は、挽きたての味と香りが楽しめる2段階調整(粗挽き・中挽き)とのこと。市販のコーヒー粉もそのまま使える。約40分の自動保温機能(オートオフ機能)を搭載した。給水しやすい取り外し可能なウォータータンクとなっている。

[小売価格]9980円(税別)
[発売日]9月上旬

ドリテック=https://www.dretec.co.jp/


このページの先頭へ