理美容・家電

シャープ、プラズマクラスタードレープフロードライヤー<IB-WX1>を発売

2019.08.29 13:44 更新

 シャープは、2つの吹き出し口から髪の広範囲に風を届ける新速乾方式によって、乾燥時間を従来機比約25%短縮することに成功したプラズマクラスタードレープフロードライヤー<IB-WX1>を発売する。同機は、プラズマクラスターならではの美髪効果に加え、新送風構造による速乾性とセンシング機能による髪のダメージ抑制、短いノズルの新デザインによる使いやすさを実現し確かな効果が実証された理美容商品新シリーズ「beaute A(ボーテアー)」として広く展開していく。

 同品は、2つの吹き出し口からの風が、髪をドレープ状に押し分け、広範囲に風を届ける新速乾方式により、乾燥時間を同社従来機比約25%短縮した。髪とドライヤーの距離を測り、髪のダメージが抑えられる温度に自動コントロールする業界初(国内で販売されているドライヤーにおいて、距離センサーにより風の温度をコントロールする機能。2019年9月下旬発売)「センシング機能」を採用した。静電気除去とうるおい効果で、速い風でも美髪を実現するプラズマクラスターを搭載している。

[小売価格]オープン価格

[発売日]9月下旬

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ