理美容・家電

象印マホービン、オーブントースター「こんがり倶楽部」(EQ-JA22型)を発売

2019.08.02 18:06 更新

 象印マホービンは、共働き世帯を中心に高まっている“中食”ニーズに合わせ、揚げ物などの惣菜を揚げたてに近い食感に再現する象印独自の機能を搭載したオーブントースター「こんがり倶楽部」(EQ-JA22型)を9月1日から発売する。

 新製品は、温度ムラを少なく食材を効率的に温められるよう、上下に2本ずつ設置したヒーターが約1000Wの高火力で交互に加熱する、象印独自の「高火力スイッチヒーティング」を搭載。これによって、惣菜表面の焦げつきや、裏面の加熱が不十分で温度ムラができやすかった従来のオーブントースターの不満を解消し、揚げ物の表面・裏面を焦がさずにサクッと揚げたてのような食感を実現した。

 加えて、オーブントースターでは火加減が難しい生地からの手作りピザも「高火力スイッチヒーティング」の下ヒーターからの加熱によって、裏面までしっかり焼き目がつき、香ばしいピザに仕上がるという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(日)

象印マホービン=http://www.zojirushi.co.jp/


このページの先頭へ