理美容・家電

シャープ、コードレススティック掃除機「RACTIVE Air POWER」2機種を発売

2019.07.02 18:15 更新

 シャープは、軽量掃除機の新カテゴリーとして、従来機比約1.5倍の吸引力と約2倍の約120分の長時間運転を実現し、1.9kgの軽量ボディでラクに掃除できる、サイクロン式のコードレススティック掃除機「RACTIVE Air POWER(ラクティブ エア パワー)」を発売する。

 同品は、新採用の大容量高電圧バッテリーと大風量高圧3Dファンモーター、新設計の吸排気経路によって、従来機比約1.5倍の吸引力を実現した(フルパワーモード時)。着脱式バッテリー2個の連続使用による、従来機比約2倍の約120分長時間運転(弱モード時)<EC-SR3SX>となっている。標準質量1.9kgの軽量ボディと自走アシスト機能によって、掃除時の筋負担量が約30%軽減する。

 共働き世帯の増加などを背景に、軽量で使いたい時にサッと使える2台目掃除機へのニーズが高まったことを受け、同社はコードレススティック掃除機「RACTIVE Air」を2016年12月に発売した。現在では、コードレススティック型をメインの掃除機として使用するご家庭が増加していることから、1台で家中をしっかりと掃除できるパワーや使用時間を有し、かつ、ラクに掃除できる「RACTIVE Air POWER」を、新たに提案するという。

 「RACTIVE Air POWER」では、大容量かつ高電圧25.2Vの充電式リチウムイオンバッテリーと、大風量高圧3Dファンモーターを新たに採用し、本体構造も吸排気経路を最適化することで、特に汚れが気になる場所を5秒間掃除する「フルパワーモード」時に、従来機比約1.5倍の吸引力を実現した。加えて、吸込口のバンパーが壁を検知して自動的にパワーを上げる「スミワザ」機能(自動モード時)など、無駄な電力を抑えて必要な時だけ強い吸引力で掃除する機能を強化したという。

 大容量高圧バッテリーは着脱式で、1個あたり最長約60分間(標準の吸込口装着時は約45分)の運転と、約80分の急速充電が可能とのこと。プレミアムパッケージモデルの<EC-SR3SX>にはバッテリーを2個付属しているので、バッテリーを差し替えれば、普段のお掃除なら「弱」モードで最長約120分、「自動」モードで最長約60分、「強」モードでも最長約24分の運転が可能となっている(「自動」「強」モードは標準の吸込口を装着時)。

 本体パイプ部には、新たにアルミ素材を採用し、断面を楕円形に加工することで、同社従来機種<EC-SX530>に搭載した樹脂素材と比べて、パイプ部の厚みを約1/4まで薄くして軽量化。強さと軽さを両立しつつ標準質量1.9kgの軽量性ボディを実現した。加えて、広範囲の掃除時の負担軽減に効果的な自走アシスト機能も強化したことで、標準質量1.5kgの軽量タイプ(同社従来機種<EC-AR2SX/AR2S>)と比べても、掃除時の筋負担を約30%軽減できることを新たに実証したという。

 立ったまま吸込口を簡単に着脱して狭いすき間や棚のホコリを取る「スグトルブラシ」、机の上やパソコンのキーボードなど凹凸のある場所などを掃除できる「ベンリブラシ」、窓のサッシ掃除などに役立つ「すき間ノズル」を付属。<EC-SR3SX>には、エアコンの上など高所の掃除ができる「はたきノズル」、車の中や入り組んだ所の掃除に便利な「延長ホース」、ふとんやソファを掃除できる「コンパクトふとん掃除ヘッド」も付属した。掃除の合間にテーブルや椅子などに立て掛けられる「ちょいかけフック」。簡単に取り外せて、まるごと水洗いできるダストカップとフィルター。すっきり収納できる「スタンド台」を、新たに付属している。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月25日(木)

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ