理美容・家電

シャープ、冷蔵庫から洗濯機の運転終了を確認できるプラズマクラスター洗濯乾燥機<ES-W112>を発売

2019.07.05 18:28 更新

 シャープは、AIoT機能をさらに進化させ、冷蔵庫(冷蔵庫対象機種:<SJ-GA55E/50E>、<SJ-GX55E/50E>、<SJ-GX55D/50D> 7月5日現在)から洗濯機の運転終了を確認できる「機器連携」に対応したプラズマクラスター洗濯乾燥機<ES-W112>を発売する。

 同機は、天気情報に応じた洗濯アドバイスに加え、スマートホームサービス「COCORO HOME」と連携し、冷蔵庫からも洗濯機の運転終了を知らせてくれる「機器連携」に対応。例えば、キッチンで料理をしている時などに、冷蔵庫が洗濯の終了を音声で教えてくれる。

 また、好評の「乾燥フィルター自動お掃除機能(乾燥フィルターはメインとサブの2種類で構成されている。メインの乾燥フィルターを自動で掃除する)」や「乾燥ダクト自動お掃除機能」を搭載し、お手入れの手間を大幅に軽減するほか、業界最高水準(洗濯容量11kgクラス洗濯乾燥機において。洗濯11kg:洗い30dB、脱水37dB。7月5日現在。7月25日発売予定(数値は日本電機工業会自主基準による))の洗い30dB・脱水37dBに加え、新たに乾燥時の運転音も39dBの低騒音化を実現した。

 プラズマクラスター 洗濯乾燥機<ES-W112>は、天気情報に応じた洗濯アドバイスなどに加え、「COCORO HOME」との連携によって冷蔵庫からも洗濯機の運転終了を確認できる「機器連携」に対応した。乾燥後のお手入れの手間を軽減する「乾燥フィルター自動お掃除機能」を搭載している。業界最高水準の洗い30dB・脱水37dBに加え、乾燥時の運転音も39dBの低騒音化を実現したとのこと。衣類を消臭・除菌し、槽内のカビ菌も抑制するプラズマクラスターを搭載している。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月25日(木)

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ