理美容・家電

アイロボットジャパン、床拭きロボット「ブラーバ ジェット m6」を発売

2019.07.23 17:31 更新

 アイロボットジャパンは、ブラーバのフラッグシップモデル、床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」を7月26日から全国のアイロボット認定販売店ならびにアイロボット公式ストアで販売を開始する。

 アイロボットが開発した「ブラーバ ジェットm6」は、日常生活に伴うベタベタした皮脂汚れからこびり付いた汚れ(SPOT モードでの試験結果)、キッチンの油汚れなどをジェットスプレーで浮き上がらせて拭きとる床拭きロボットとのこと。シーンに合わせて水拭きとから拭きの2種類の清掃モードが選択でき、薄型のデザインによって、部屋の隅から手の届きにくい家具の下などボタン一つで最大60畳(iRobotHOME アプリから設定した場合。初期設定は最大24畳になる)まで清掃、家中の床を一度に拭き掃除することができる。

 「ブラーバ ジェットm6」はブラーバシリーズとして初めて本体にカメラを搭載し、iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーションによる高度なナビゲーションを実現した。ルンバのフラグシップモデル「ルンバi7」シリーズにも搭載された「Imprintスマートマッピング」技術が、最大10の異なるフロアのマップ(間取り図)を作成し、最適なパターンで効率的に拭き掃除する。リビングやキッチンなどの部屋の種類を記憶できるので、ユーザー自身が設定した特定の部屋のみ掃除することや、曜日や時間ごとに掃除をする範囲の調整もできるという。

 さらに、アイロボット独自の新技術「Imprintリンク」を搭載。「ルンバi7」シリーズと一緒に使用すると、ロボット同士が連携し、ルンバの清掃後に「ブラーバ ジェットm6」が自動で起動。人間が指示を出すことなく掃除機掛けから拭き掃除まで一貫してロボットに任せることができるようになった。

 「ブラーバ ジェットm6」には、シリーズ初となる自動充電&自動再開機能を搭載。状況に応じて自動でホームベースに戻って充電、充電後は清掃を再開し、床をくまなくキレイにするという。また、同シリーズで初めてWi-Fiに対応、iRobotHOMEアプリを使えば外出先からも清掃を開始できる他、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使うことで、話しかけるだけで操作することができるという。

 アイロボット・コーポレイションのコリン・アングルCEOは、「ブラーバ ジェットm6の登場で、ロボット同士が自動で連携し、人間の手を煩わせることなく掃除を完了できるようになった。まさに掃除の常識を変える革命的な技術革新であると自負している。これからもアイロボットは、実用的なロボットの開発によって、消費者の豊かな生活の後押しをしていきたいと考えている」とコメントしている。

[小売価格]6万9880円(税別)
[発売日]7月26日(金)

アイロボットジャパン=http://www.irobot-jp.com/


このページの先頭へ