理美容・家電

フジ医療器、11種類の水が作れる「アルカリイオン整水器 トレビ水素プラス FWH-10000」を発売

2019.04.01 16:56 更新

 フジ医療器は、胃腸症状改善に効果のあるアルカリイオン水をはじめ業界最多(3月現在(同社調べ) )の11種類の水が作れる「アルカリイオン整水器 トレビ水素プラス FWH-10000」(以下、FWH-10000)を4月1日から発売する。全国の地域家電店など特定の取引先を通じて販売する。

 アルカリイオン整水器は水道水を処理し、飲用を目的とする水を生成する機器として唯一、胃腸症状改善に効果がある医療機器に認証されている。FWH-10000は、同社で30年間のロングセラーを続ける「トレビシリーズ」の最新機種として、従来の2倍となる10枚電極を備えた高効率ダブル電解槽を搭載した。これによって、電解能力がさらにパワーアップし、溶存水素濃度最大1300ppbのアルカリイオン水の生成を実現した。また、JIS指定12物質+8物質を除去する優れた浄水カートリッジを新たに採用している。

 これらの最新技術を用いることで、FWH-10000では飲用、料理、洗浄除菌など暮らしのシーンに合わせて最適な11種類の水を作ることができるとのこと。さらに、生成水と排水の流量比率は業界トップクラスの19:1(アルカリ1、2、3を選択時。3月現在(同社調べ))を誇り、最大吐水量は毎分約5.5Lで、野菜洗いや米研ぎなどたっぷりの水が必要な場合でも使いやすい仕様となっている。

[小売価格]28万円(税別)
[発売日]4月1日(月)

フジ医療器=http://www.fujiiryoki.co.jp/


このページの先頭へ