理美容・家電

電気シェーバー選びの重点ポイント"深剃り"と"肌へのやさしさ"を両立したフィリップス「シェーバー S9000プレステージ」に注目、買い替えを応援するキャンペーンも実施

2019.03.15 12:23 更新

 毎日のヒゲ剃りに電気シェーバーを使っているという男性は多いはず。その中で、「剃り味が悪くなってきた」「剃った後に肌がヒリヒリする」「バッテリーが持たなくなってきた」と感じるようになったら、そろそろ買い替えのサイン。フィリップス・ジャパン(以下、フィリップス)が実施した調査によると、電気シェーバー選びにおいて、ハイエンドユーザーほど“深剃り”と“肌へのやさしさ”の両方を重視する傾向にあることがわかったとのこと。そこでフィリップスでは、こうしたニーズに応えるべく、同社史上最高の“深剃り”(同社製品「S9000シリーズ」との比較)と、これまで築き上げてきた“肌へのやさしさ”を実現した最上位機種モデル「シェーバー S9000プレステージ」をリリースし、注目を集めている。

 「シェーバー S9000プレステージ」は、男の顔に磨きをかける世界シェアNo.1(ユーロモニター・インターナショナル調べ;2007-2017年小売数量ベース;同社のボディーシェーバー製品カテゴリー定義に拠る)シェーバーを展開するフィリップスが、従来のやさしさに加え、深剃りの最高峰を目指して開発したモデル。昨年9月から小泉成器を通じて、全国の家電量販店などで販売している。大きな特長は、ナノプレシジョン刃による脅威の深剃りと、スキンコンフォートリングプラスによる肌へのやさしさを両立した点だ。

 ナノプレシジョン刃は、ナノ粒子技術による強固でシャープな内刃と、確実にヒゲを捕らえる外刃を搭載。これにより、最高水準の深剃りを実現したという。また、1秒間に15回、ヒゲの密度を感知して自動でパワーを調節するヒゲ密度感知システムを備えており、ヒゲが濃い部分でも常に一定の速度をキープする。

 スキンコンフォートリングプラスでは、細かなメタルビーズコーティングが、シェーバーと肌との摩擦を低減する。これに加えて、8方向130°可動ヘッドが、輪郭検知テクノロジーによって顔や首のあらゆる凹凸に密着し、なめらかな剃り心地をサポートしてくれる。さらに、同製品はドライ剃りにもウェット剃り(お風呂シェーブ)にも対応。快適なドライ剃りか、ジェルやフォームを使ってのお風呂剃りか、どちらか好きな方を選択できる。

 また、パーソナルコンフォート設定で、好みに合わせて3段階のスピードに調整が可能。「センシティブ」は、肌の敏感な箇所を剃るのに最適なやさしい剃り心地。「ノーマル」は、通常のシェービングに最適。「ハイスピード」は、素早いシェービングで時間を節約したい場合に最適なモードとなっている。口ヒゲやもみあげの手入れをする際には、肌にやさしいスマートクリック(着脱式)トリマーを使えば、思い通りのスタイリングに仕上げることができるとのこと。

 このほか、Qi規格に対応したワイヤレス充電パッドを付属しており、使用後は、置くだけで充電することが可能。また、付属のプレミアムポーチに、シェーバー本体、アクセサリ、ワイヤレス充電パッドを収納できるようになっている。

 なお、フィリップスでは、電気シェーバーの買い替えを応援するべく、「のりかえ割」キャンペーンを実施中だ。5月12日までのキャンペーン期間中に、対象製品(S9000プレステージ全製品、S9000全製品、S7000全製品)を購入した人全員に、現在使用している他社製電動シェーバーを最大7000円で下取りするとのこと。応募締切は5月31日まで。電気シェーバーの剃り心地に不満を感じている人は、このチャンスを逃さずに、「シェーバー S9000プレステージ」への買い替えを検討してみては。

[「のりかえ割」キャンペーン概要]
キャンペーン期間(レシートまたは領収書有効期間):3月1日(金)~5月12日(日)
応募締切:5月31日(金)まで ※当日消印有効
応募方法:キャンペーンサイトの応募用紙(PDF)に必要事項を記入し、レシート、バーコードを貼付のうえ、下取りしてもらう電動シェーバーと一緒にキャンペーン事務局まで送付

フィリップス・ジャパン=https://www.philips.co.jp/
シェーバー S9000プレステージ製品ページ=https://www.philips.co.jp/c-p/SP9861_13/shaver-s9000-prestige-wet-dry-electric-shaver-series-9000
「のりかえ割」キャンペーンサイト=https://www.philips.co.jp/c-w/promotions/shaving-norikae-1903.html


このページの先頭へ