理美容・家電

タカラトミーアーツ、ふわトロな"生マヨネーズ"を作ることができる製造マシン「究極のMYO」を発売

2019.02.27 11:25 更新

 タカラトミーグループのタカラトミーアーツは、自分のこだわり素材を使用して、ふわトロな“生マヨネーズ”を作ることができる「究極のMYO」を3月28日から発売する。

 2017年に発売され、大きな話題となった、たまごかけごはん専用マシン「究極のTKG」。そして昨年、魯山人の教えを参考に究極の納豆を追求した「究極のNTO」、その第3弾となる“究極シリーズ”の最新作、それが「究極のMYO」とのこと。

 様々な素材や料理と相性が良く、一家の冷蔵庫にストックされていることも多い「マヨネーズ」。「究極のMYO」はその「マヨネーズ」を自分で作ることができる“マヨネーズ製造マシン”となっている。しかも通常の「マヨネーズ」ではなかなか出せない、ふわふわ食感が際立つ“生マヨネーズ”を作ることができるとのこと。

 「究極のMYO」が作り出す「究極」のポイントは二層で回るミキサー部分にあるという。下層では白身を混ぜてつくるメレンゲで“食感”を、上層では黄身と調味料、オイルなどのマヨネーズの“味部分”を別々に作り、最後にそれを合わせると、口の中でふわっと弾け溶ける“生マヨネーズ”が誕生する。

 通常の「マヨネーズ」に比べ、メレンゲで“ふわ増し”しているので、見た目にも華やかなボリューム感があり、食卓を楽しく彩るという。

[小売価格]4500円(税別)
[発売日]3月28日(木)

タカラトミーアーツ=https://www.takaratomy-arts.co.jp/


このページの先頭へ