理美容・家電

パナソニック、一人ひとりに最適なトータルビューティプランを提案する「Panasonic Beauty SALON 表参道」をオープン、水原希子さんが診断システム「Beauty Recipe Maker」を体験

2018.12.19 15:40 更新

 パナソニックは、12月14日から12月25日の間、表参道ヒルズ 本館 B3F スペース オーにおいて、美容家電を使って“トータルビューティプラン”を提案する「Panasonic Beauty SALON 表参道」をオープンしている。12月13日にはPanasonic Beautyの宣伝キャラクターである水原希子さんを招き、「Panasonic Beauty SALON 表参道」オープニングプレスイベントを開催した。当日は、来年のトレンドについて世代・トレンド評論家の牛窪恵氏が解説。牛窪恵氏監修のPanasonic Beauty「美容白書2018」の振り返りや来年度の美容トレンドについてのトークショーを行った。

 「当社は、1937年にホームドライヤーを発売。1958年には初代レディシェーバーも上市した。また、2005年には乾かすだけでエステ体験ができる美容機器としてナノケアドライヤーを発売した。さらに、2008年には寝ながら美しくなれるナイトスチーマーも開発。“忙しいひとを美しいひとへ”を合言葉に、忙しい女性が効率よく美しくなれる製品を開発してきた」と、パナソニック コンシューマーマーケティングジャパン本部 コミュニケーション部 クリエイティブ課の齊藤美和子主幹が挨拶。「昨年には『パナソニック ビューティサロン銀座』をオープンし、消費者の美容に対する悩みを改善する発信基地も設けた」と、女性の悩みを直接収集できるサロンもオープンすることで、消費者に寄り添ったライフケアを目指しているのだと訴える。

 「昨今、自分に合ったものを簡単に判断できない状況にあり、髪や肌の悩みは多様化してきている。一人ひとりの悩みに寄り添えるように、幅広いラインアップで女性の悩みに向き合うべく、『Panasonic Beauty SALON 表参道』を期間限定でオープンする」と、消費者一人ひとりに最適なライフケア製品を提案するべく、12月14日から25日まで東京・表参道に「Panasonic Beauty SALON 表参道」をオープンしたのだと説明する。「『Panasonic Beauty SALON 表参道』では、よりパーソナライズされた提案を行うために、診断システム『Beauty Recipe Maker』を導入した。毎日のビューティケアのパートナーとなる美容家電と出会えるサポートツールとなっている」と、それぞれの悩みを解決するビューティプランを提案するシステムになっていると教えてくれた。

 そして、Panasonic Beautyの宣伝キャラクターであるモデル 水原希子さんが登場。「パナソニックのドライヤーには80年の歴史があることに衝撃を受けた。また、どこよりも早くスチーマーを上市したのにも関わらず、今見ても当時のデザインに古さを感じないところがすごいと思う」と、パナソニックの美容家電の歴史を振り返り感想を述べる水原さん。「パナソニックには、ビフォーアフターを簡単にチェックできるツールもあるので、メイクアップでこれだけ変われるというのもよく確認している」と、パナソニックの美容家電を賢く活用しながら、日々のライフケアを行っていると教えてくれた。

 同社では、世代・トレンド評論家 牛窪恵氏監修のもと、来年の美容トレンドを「おうち時間で賢く“美育”」を発表した。そこで、牛窪氏に登壇してもらい、水原さんと共に、トークショーを行った。牛窪氏曰く、「来年は、多様性の時代の中で自身のブレない強さを持ちながらも柔軟に“竹のごとく”強くしなやかに生きる、“バンブーガール”への憧れが強まる兆し」とのこと。水原さんも「バンブーガールみたいな女性にあこがれている」と、強くしなやかな女性は、世の女性の憧れなのだと述べた。「現代の女性は、仕事が終わってもスマホを片手に緊張状態が続く日々を過ごしている。それだけに、オンとオフを上手く切り替えることが重要になってくる」と、牛窪氏は指摘する。これについて水原さんは、「ケータイを使う時もメリハリをつけるようにしている」と、ケータイばかりに使っていると、どうしても心身ともに疲れてしまうので、ある程度時間を決めるなどして活用するようにしていると話していた。

 美容について牛窪氏は、「時間がない時は、時短でいろいろ試す傾向にある。家の中で美を育む美育を実践する女性が増えている」と、限られた時間の中で、セルフケアを実践する人が増えているとのこと。水原さんも「パナソニックの製品を活用して、ながら美容を行っている。毎日、全身隅々までケアするのは大変なので、自分の今日のコンディションを見極めながら、集中ケアする箇所を見つけて、製品を使い分けするようにしている」と、肌や髪のコンディションを確認しながら、ケアしなければいけない部分を集中的にケアしているのだと話していた。

 この後、水原さんが「Beauty Recipe Maker」を体験。「この診断システムでは、肌など身体的な部分だけでなく、フィジカルな部分についてもアドバイスしてくれるので、すごく頼りになる」と、心の状態を可視化してくれる「Beauty Recipe Maker」に水原さんも感心している様子だった。

 最後に水原さんは、「『Panasonic Beauty SALON 表参道』では、素晴らしいイベントが盛りだくさんとなっているので、ぜひ多くの女性に来場してもらいたい。そして会場で効果を実感してもらい、プライベートでも取り入れられる知識をシェアして心も体も美しくなってほしい」と、「Panasonic Beauty SALON 表参道」でセルフケア体験を楽しんでほしいと呼びかけた。

[「Panasonic Beauty SALON 表参道」概要]
期間:12月14日(金)~12月25日(火)
営業時間:13:00~20:00
場所:表参道ヒルズ 本館 B3F スペース・オー(東京都渋谷区神宮前4丁目12番10)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ