理美容・家電

パナソニック、気象情報と連携し「AI先読み空気清浄」を実現したルームエアコン「エオリア」WXシリーズ/Xシリーズを発売

2018.09.13 15:40 更新

 パナソニックは、進化した同社独自の「エオリアAI」と「ナノイーX」の搭載で、清潔性・快適性を向上させたルームエアコン「エオリア」WXシリーズ/Xシリーズを10月下旬から順次発売する。

 「エオリア」は「健康な空気と暮らそう」というコンセプトのもと、「ナノイーX」と高い集じん能力を可能にした「アクティブクリーンフィルター」、エアコンの内部を清潔に保つ「オートクリーンシステム」、多様なセンサー技術でかしこく省エネ運転する「エコナビ」など独自の機能で高い評価を得てきた。

 同製品は、ウェザーニューズと連携し、世界で初めて(家庭用エアコンにおいて。気象データを取得し、住宅環境に合わせて自動で空気清浄する技術。9月13日現在)「エオリアAI」が花粉やPM2.5の飛散予報をもとに部屋の空気の汚れを先読みし、自動で空気清浄運転を行う「AI先読み空気清浄」と、不在時などにエアコンを「つけっぱなし」にする場合と「電源を切る」場合で、電気代と帰宅時の室温がどう違うかを判定する「つけっぱなし判定」を新たに搭載した。

 また、家庭に発生するおもなカビ(8大カビ)すべてを「アクティブクリーンフィルター」で捕集、「ナノイーX」とエアコン内部の清潔性にこだわった「オートクリーンシステム」で抑制を実証した。

 さらに、従来の「室温みはり」「カビみはり」に加え、新たに「ホコリみはり」を追加し、エアコンを使っていない時でもセンサーで部屋をみはり、自動で空気清浄運転を行う機能を搭載した。

 エオリアは、消費者の健康な暮らしに貢献できるよう、清潔性・快適性の向上に向けた取り組みを、継続的に推進していくとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月下旬

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ