理美容・家電

象印マホービン、コンパクトな多機能搭載オーブントースター「こんがり倶楽部」を発売

2018.08.03 16:43 更新

 象印マホービンは、小さなキッチンにも置きやすいコンパクトなデザインながら、「上火グリル」や「30分ロングタイマー」など多彩な機能を搭載したオーブントースター「こんがり倶楽部」(EQ-SA22型)を9月1日から発売する。

 同製品は、操作部を扉の下に設けることで本体の横幅を縮小。コンパクトな設計とモノトーン調のデザインで、小さなキッチンにも収まりやすく、インテリアにも馴染みやすいモデルとのこと。

 コンパクトな設計ながらも、機能は多彩。パンなどをふんわりと温められる80℃から、グラタンやトーストに適した250℃まで、メニューに合わせた細かい温度調節が可能となっている。また、調理後のグラタンやピザなどにこんがりと焦げ目をつけられる「上火グリル」機能は、調理の仕上げに便利だとか。さらに、最大30分まで調整可能なタイマーを搭載し、“焼きいも”など調理に時間を要するメニューにも対応するという。

 従来機種や他機種でも好評な「はずせるとびら」も引き続き採用するなど、調理だけではなく、手入れなどの利便性向上にも注力した製品となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(土)

象印マホービン=http://www.zojirushi.co.jp


このページの先頭へ