理美容・家電

タニタ、気になるからだの「におい」をセルフチェックできるにおいチェッカー「ES-100」を発売

2018.06.18 20:33 更新

 タニタは、体臭や加齢臭、強過ぎる香水の香りなど、気になるからだの「におい」をセルフチェックできる、においチェッカー「ES-100」を7月1日に発売する。同商品はセンサーをからだの気になる部位に当てるだけで、「におい」の強さをレベル0からレベル10までの11段階で測定・表示するエチケットアイテム。「におい」を「見える化」することで、「におい」をケアするといった身だしなみの新習慣をサポートする。カラーは「ブラック」1色。接客や商談といったビジネスシーンだけではなく、デートなど人と身近に接する場面の事前セルフチェック需要を見込んでおり、体臭を意識しはじめる40代から50代の男性ビジネスパーソンをメーンターゲットに想定する。

 近年、体臭や加齢臭など「におい」への関心が高まっている。制汗・消臭剤をはじめとするデオドラント市場は年々拡大しており、各社からさまざまな商品が発売されている。また、強過ぎる「におい」が周囲に不快感を与える「スメルハラスメント」という言葉も一般に浸透してきおり、職場における「においケア」に関するセミナーを実施する企業が増えている。体臭をはじめとする「におい」のケアは身だしなみの一つとして認識されるようになっているが、一方で、からだの「におい」は自分自身では気づきにくく、マネジメントしにくいという問題があるという。そこで同商品では、においの強さをレベル表示で「見える化」し、「においケア」をサポートするとのこと。

 からだの「におい」の元となるのは皮膚ガスで、代表的な「におい」として挙げられるのが「加齢臭」、「疲労臭」、「汗臭」だという。これらの原因となる成分は数百種類あるといわれている。同商品では、汗に含まれる成分を代表的な「におい物質」として選定し、独自のアルゴリズムを用いて各におい成分を推定することで「におい」の強さをレベル表示することに成功した。半導体ガスセンサーによる検知方式のアルゴリズムには、1999年の発売以来、250万台の販売実績がある「ブレスチェッカー」「アルコールチェッカー」で培ったノウハウを応用しているという。また、香水や芳香剤などのにおいも、強過ぎると周囲に影響してしまうとのこと。同商品は、これらの「におい」の強さにも反応するため、あらゆる「におい」のマネジメントに役立てることができるという。

 使い方は簡単で、3ステップで測定できるとのこと。センサー部分を開くと自動的に電源が入り、首まわりや頭部、脇など、「におい」が気になる部位に約10秒間センサーを近づけるだけで測定が終了する。「におい」の強さは0から10までの11段階で判定するが、レベル5を超えると「においケア」が必要なデオドラントサインとなる。大きさは収納時で約幅94mm、高さ52mm、奥行25mmで、質量は約60g(本体のみ)。ポケットに入るコンパクトサイズで、人と会うときや電車に乗る前など、気になったときにすぐに使用できるとのこと。また、センサー部分は2000回(または1年間)の測定が可能で、別売りのセンサーカートリッジに交換することで、継続して使用することができる。

 自分の「におい」を知ることが正しい「においケア」につながるという。多くの「におい」は、からだをしっかり洗ったり、食事や運動習慣を見直したりすることで改善していくことが可能だ。同商品を活用することで、日常生活に潜む「におい」の原因を知り、“におわない健康生活”を送る一助にできると見ているという。タニタでは口臭をはかる「ブレスチェッカー」、アルコールチェックが行える「アルコールチェッカー」を「エチケットチェッカー」シリーズとして展開しており、同商品もその一環となるという。同商品を起点に、身だしなみの新習慣である「においケア」の啓発に取り組んでいきたい考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月1日(日)

タニタ=http://www.tanita.co.jp


このページの先頭へ