理美容・家電

日立CM、真空ポンプで真空かくはん・真空保存が可能のパーソナルブレンダー「VEGEE」を発売

2018.04.12 14:47 更新

 日立コンシューマ・マーケティング(以下、日立CM)は、新開発した「真空ポンプ」を搭載し、真空かくはんと真空保存を可能にしたパーソナルブレンダー「VEGEE(VEGEE(べジー)は、ベジタブルから付けた愛称)」を5月下旬から発売する。

 共働きや単身世帯の増加などを背景として、手軽にスムージーなどを作ることができるパーソナルブレンダーのニーズが増えている。さらにフレッシュさや野菜の栄養をより損なわず取り入れたいという意見も得ているとのこと。

 日立CMはブレンダーに真空環境を追加することで、かくはん時に空気に触れることで起こる食材の変色・酸化を抑えた「真空かくはん」を実現。さらに、出来上がった飲み物を保存ボトルに移して「真空保存」を可能にした。

 また、野菜や果物に含まれる色彩などを作り出す「ファイトケミカル」に着目し、健康志向の方々にも楽しんでもらえるよう、フードコーディネーター後藤かをり氏監修のもと、色彩が鮮やかで、不足しがちな栄養素がしっかり取れる15種類の「ファイトケミカルスムージー」を掲載したレシピ集を付属している。

 従来のパーソナルブレンダー(標準大気圧でかくはんする同社従来機HX-C1000との比較)は、材料(同社ブレンダーには、フードプロセッサー、フードカッター、ドライミルの機能はない)のかくはん時や保存時に、空気中の酸素に触れることによって酸化が進み、色味や風味が損なわれていた。

 日立CMは、標準大気圧に比べて低い約0.8気圧の真空環境をボトル内につくり、材料のかくはん時や保存時の酸化を抑えて鮮度を維持することができる「真空ポンプ」を新たに搭載した。

 新商品では、酸化を抑える手動方式の「真空ポンプ」搭載したとのこと。 仕上がりなめらか「非対称チタンコーティング刃」となっている。フードコーディネーター後藤かをり氏監修の色彩と栄養素を楽しむ「ファイトケミカル スムージーレシピ BOOK」を付属した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]5月下旬

日立コンシューマ・マーケティング=http://www.hitachi-cm.com


このページの先頭へ