理美容・家電

デロンギ・ジャパン、"挽きの均一性"を追求した「デロンギ デディカ コーン式コーヒーグラインダー」を発売

2017.08.30 10:25 更新

 デロンギ・ジャパンは、デロンギ史上最高級コーヒーグラインダーである「デディカ コーン式コーヒーグラインダー(KG521J-M)」を9月15日から発売する。

 昨今、コーヒー業界では「サード・ウェーブ」などをきっかけに、自宅でも豆を挽いて「こだわり」の一杯を楽しみたいというニーズが急速に高まっている。同社では、ボタンを押すだけで豆を挽いた淹れたてのコーヒーが楽しめる「全自動コーヒーマシン」や、各種「電動式コーヒーグラインダー(電動式コーヒーミル)」などを販売してきたが、消費者の多様なニーズによって一層応えるために、ドリップコーヒーをはじめ、エスプレッソからフレンチプレスなどすべてのコーヒーに対応した同製品を発売する。

 同製品では、最新の「コーン式グラインダー」を採用。それによって、従来品に比べ、“挽きの均一性”をさらに高め、雑味の少ない安定した味わいを実現するとともに、低速回転で豆を挽くことで摩擦熱の発生を低減し香り高いコーヒー抽出を可能にしている。

 また、業界最大サイズの2.1インチディスプレイを装備し、1~14杯分の豆挽き、1~3段階の豆量を選べる「定量設定」を実現。それによって、その都度豆を量る手間も不要で、豆の挽き過ぎによる無駄も発生しないという。

 さらに、デロンギのコーヒーグラインダー(コーヒーミル)としては最大幅の“極細挽き~中挽き~粗挽き”のワイドレンジに対応した。粒度は18段階の中から好みで設定が可能となり、ドリップコーヒーはもちろん、エスプレッソやフレンチプレス、水出しコーヒーなどさまざまなコーヒーメニューを楽しむことができる。コーヒーの本場イタリアのブランド、デロンギが提供するこだわりのおいしさを、ぜひ自宅で楽しんでほしい考え。

[小売価格]3万0円(税別)
[発売日]9月15日(金)

デロンギ・ジャパン=http://www.delonghi.co.jp


このページの先頭へ