理美容・家電

グループセブ ジャパン、ティファールから調理家電「クックフォーミー エクスプレス」を発売

2017.08.14 19:12 更新

 グループセブ ジャパンは10月、さらに進化したティファールの未来型クッキングサポーター「Cook4me Express(クックフォーミー エクスプレス)」を発売する。

 昨年9月の発売からわずか半年で、自動調理鍋シェアNo.1モデルになった(全国有力家電量販店の2017年3月販売実績 GfK Japan調べ)ボタンひとつで料理の手順をナビしてくれる「クックフォーミー」は、ドラえもんをCMキャラクターに起用し、これまでにない未来型の調理家電として注目を集めているティファールで人気の製品とのこと。

 新製品の「クックフォーミー エクスプレス」は、時短レシピが増えてさらに魅力的になった。内蔵レシピは従来の60レシピから150レシピに大幅アップ。圧力調理時間15分以内の時短レシピはなんと136レシピも搭載している。また、本体の内蔵レシピでは、料理の手順を一つ一つ説明してくれるので、誰でもおいしく作ることができる。バラエティ豊かに楽しめるメニューは、料理研究家・井上真里恵氏の監修でさらにおいしく、季節に合わせたレシピからパーティメニューまで、日本の食卓で人気のメニューが大幅に増えた。さらに“圧力調理、蒸す、炒める、煮込む”の4つの調理方法がマニュアル調理で選択できるので、組み合わせ次第で無限のレシピを作ることができる。

 新デザインのリニューアルポイントは、少ない力でも回しやすいフタの形状やサイズを一回り大きくしてつまみやすくなった操作ダイヤルなど、使用性がさらに良くなった。また、6Lの大容量の内なべなら最大6人分を作ることができ、ファミリーや作り置きにも大活躍とのこと。火を使わないから、キッチンにつきっきりになる必要もないという。自由な時間が増える「クックフォーミー エクスプレス」で、忙しい毎日でも時短しながらおいしく作ってほしいとのこと。生活者の時短料理を、「クックフォーミー エクスプレス」がCMキャラクターのドラえもんと一緒にサポートするという。

[小売価格]6万円(税別)
[発売日]10月

グループセブ ジャパン=http://www.t-fal.co.jp


このページの先頭へ