理美容・家電

パナソニック、「毛先集中ケアモード」を搭載したヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA99を発売

2017.07.13 16:27 更新

 パナソニックは、「毛先」をケアできる「毛先集中ケアモード」、およびノズルを改良し速乾性能をアップさせた新「速乾ノズル」を搭載したヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA99を9月1日に発売する。

 同社は2005年に、髪を「乾かす」だけではなく髪の「ケア」ができるヘアードライヤー「ナノケア」を発売した。髪のダメージが気になるお客様に好評で、累計販売台数は800万台(2016年12月末時点)を突破した。

 「ナノケア」は、「ナノイー」が髪に浸透し、髪の水分バランスを整えてうねりを抑制する。また、キューティクルを引き締め、しっとりまとまる髪へ導く。同製品は、特にダメージが蓄積していることが多いとされている「毛先」のケアに着目し、毛先を逃がしにくい風量で、毛先に適した周期で温風と冷風を交互に発生する「毛先集中ケアモード」を新たに搭載した。これによって毛先のまとまり・ツヤ・うるおいなどの効果実感が向上している。また、乾燥性能についても、新「速乾ノズル」の搭載によって、濡れた髪を乾かすときの「ほぐし作用」を強化することで、乾燥スピードが約15%(同社評価基準に基づく、毛束での乾燥試験において同社従来品2016年発売EH-NA98比。使用環境・個人差等により、効果は異なる)アップした。

 同社は同製品によって、髪を速く乾かしながら髪質改善(毛髪にうるおい、ツヤを与えることによる)できる、ドライヤーによるケアを提案するとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(金)

パナソニック=http://panasonic.jp


このページの先頭へ