理美容・家電

アクア、お湯洗い機能を搭載したヨーロピアンスタイルの「AQUA ドラム式全自動洗濯機」を発売

2017.07.14 19:48 更新

 アクアは、お湯洗いで様々な汚れを洗い上げるヨーロピアンスタイル、「AQUA ドラム式全自動洗濯機(AQW-FV800E:洗濯・脱水容量 8kg)」を7月20日から発売する。

 最近のトレンドとして、白物家電においてもデザインやスタイルを購入決定の重要なポイントにしている人が増えてきている。一方で、日本のドラム式洗濯機は洗濯物が絡みにくい、傷みにくいなどの機能面も支持をされ、根強い人気が続いている。また、浴室乾燥を標準設備とする新築物件が増加しており、その利用率も高まっている。

 このような背景をふまえ、今回発表するドラム全自動洗濯機は、消費者の洗濯に対するきめ細かいニーズに合わせながらコースを洗濯に絞ることで、現在のライフスタイルニーズに合った高いコストパフォーマンスを実現した商品となっている。また、お湯洗い機能も搭載し、繊維の奥の汚れや黄ばみ、菌までしっかり洗い上げる。

 「AQW-FV800E」の主な製品特長は、フラット&スクエア シンプルで使いやすいヨーロピアンスタイルとなっている。「お湯洗い洗浄」でエリ袖の皮脂汚れや黄ばみもスッキリ洗浄、肌着の除菌(水温 60℃のとき。試験依頼先:(一財)日本食品分析センター、試験方法:菌液付着試験布の生菌数測定、除菌方法:加温高温水による。除菌部分:ドラム内の衣類、試験結果:(菌の減少率)99.0%以上)もできるとのこと。お湯洗い温度設定が選べる(20℃、30℃、40℃の洗浄コース、40℃のつけおきコース、60℃の除菌コース)。

 ドラム式だから「節水」で水道料金がお得だとか。標準使用水量は業界トップクラス(国内全自動洗濯機(洗濯脱水容量8.0kg クラス)において。7月14日現在)の約57L。同社タテ型全自動洗濯機に比べて約 42L節水(同社タテ型全自動洗濯機(AQW-GV800E)の標準使用水量(定格時)約99Lと比較)でき年間3863 円上下水道料金(水道料金・下水道使用料252円/m3(税込)(内訳:水道料金132円/m3(税込)、下水道使用料120円/m3(税込)) 6月現在、日本電機工業会調べ)がお得とのこと。.「泥んこ予洗いコース」で泥んこ汚れも自動で予洗いする。予洗いで洗濯物の泥汚れを洗い落とし排水後の本洗いでさらにしっかりキレイに洗いあげる。

[発売日]7月20日(木)

アクア=http://aqua-has.com


このページの先頭へ