理美容・家電

アイリスオーヤマ、乾燥家電「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」を発売

2016.12.20 10:54 更新

 アイリスオーヤマは、ふとん乾燥機、衣類乾燥機に続く、乾燥家電「カラリエシリーズ」の第3弾となる「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」を12月23日から発売する。全国の家電量販店を中心に販売する。

 足のにおいの原因となる雑菌は高温多湿の環境で増殖する性質がある。足の裏は汗腺が多く発汗量が多いため、靴の中は湿度がこもりやすく雑菌が繁殖し、においの原因となる。

 今回発売する「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」は、洗った靴を乾燥するという本来の用途に加え、毎日の靴のにおい対策を想定して開発した靴専用の乾燥機。温風によって靴の中を乾燥し、除菌効果のあるオゾンを放出することで、靴のにおいに適切に対処できる。ノズルが伸縮するため、たたき(玄関の靴を脱ぐ場所。上がり框の下のスペース。土間)に置いた靴にノズルを伸ばして差し込むだけですぐに使うことができる。本体を立てて靴を掛けた状態でも使用できるため、履物の種類や使用する場所によって使い分けることが可能だ。さらに、夜間の使用に便利な「低騒音モード」や熱に弱い革靴を配慮した「革靴モード」、最大180分の切タイマーを搭載しており、使用する状況にあわせて選択することができる。コンパクト設計のため、狭い玄関にも収納しやすく、「毎日の靴のにおいケア」として習慣的に使用することができる。

 同社は今後も消費者の視点にたったユーザーインの商品開発コンセプトに基づき、これまでに無い製品を提供し、快適な生活の実現に貢献していく考え。

 「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」は、ノズルが伸縮するため、たたきに置いた靴にノズルを伸ばして差し込むだけですぐに使うことができる。本体を立てて靴を掛けた状態でも使用できるため、履物の種類や使用する場所によって使い分けることができる。また、二つのノズルはそれぞれ二股になっており、同時に二足を乾燥させることも可能だ。ホースを下駄箱の中に差し込んで使用すれば簡易的に下駄箱を乾燥することもできる。汗がしみこみ湿度が高くなった靴の中の環境は、足裏の雑菌が繁殖しやすい環境となっている。温風によって靴の中を乾燥し、除菌効果のあるオゾンを放出することで、靴のにおい対策を行うことができる。

 3つの乾燥モードを搭載しており、目的にあわせて選択することができる。革靴モードでは熱に弱い革の性質を考慮し、通常モードに比べて低い温度で靴を乾燥させることができる。低騒音モードは夜間などの運転音が気になる環境でも使用可能。最大180分の切タイマーが設定できるので、外出時や就寝時に使用することも可能となっている。本体は幅13.7cm、奥行き10.1cm のコンパクト設計のため、狭い玄関にも収納しやすく、「毎日の靴のにおいケア」として習慣的に使用することができる。

[小売価格]6980円(税別)
[発売日]12月23日(金)

アイリスオーヤマ=http://www.irisohyama.co.jp/


このページの先頭へ