理美容・家電

ハイアールジャパンセールス、ガラストップ4ドア・フルフレンチタイプの468L冷凍冷蔵庫を発売

2016.12.12 10:09 更新

 ハイアールジャパンセールスは、大容量冷凍室や高さ調整可能なドアポケットなどの機能性と、ガラストップ4ドア・フルフレンチタイプでキッチンに美しく映えるデザイン性を兼ね備えた新商品・Haier Global Series(ハイアール・グローバル・シリーズ)の468L 冷凍冷蔵庫(JR-NF468A)を、全国の家電量販店やホームセンター、GMS、WEB通販、および「ハイアールオフィシャルストアUPGRADE」などで2017年2月1日(予定)から順次発売する。

 冷蔵庫に対するニーズは日々変化しているという。ヨーロピアンスタイルの大きくてシンプルな冷蔵庫が欲しい、キッチンで存在感を放つ、来客時も思わず人に見せたくなる冷蔵庫が欲しい、複雑な機能は使い切れないので必要最低限で、でもちょっと便利な冷蔵庫が欲しい、キレイに収納・整理できる使い勝手の良い冷蔵庫が欲しい、料理の作り置きや週末まとめ買いのライフスタイルにフィットする大容量冷凍室が欲しい--といったニーズが挙げられる。同製品はこれらの今日的なニーズに応え企画・開発されたもので、デザイン性と機能性を両立させた今の日本市場にはない(2016年12月8日現在、ガラストップ4ドア・フルフレンチタイプ、同社調べ)オンリーワンな冷蔵庫となっている。

 同製品はガラスの透明感を活かしたガラストップ4ドアを採用。質感あふれる鏡のような輝きはヨーロピアンなアイテムに憧れるユーザーのニーズを満たし、自然なまでにキッチンに溶け込む。フルフラットなガラスドアはフチによる段差がないので手入れも簡単で、強化処理も施されているため衝撃にも強く傷もつきにくくなっている。

 ヨーロッパではスタンダードな4ドア・フルフレンチタイプ。400Lクラスで圧倒的な収納量を誇る154L大容量冷凍室には、下段ドア2枚の内側に2列×3段のクリアバスケットで引き出し式の「区っ切り棚冷凍室」を搭載した。個々のクリアバスケットが収納・整理に適したサイズに設計されているため、1ドア1室の冷凍室に比べ、冷凍室内を有効に使うことができる。毎日使うものだからこそこだわった、くらしに寄り添う機能の一つとなっている。

 インバーター採用の同製品は、運転音約23dBの静音化設計。無駄な電力を省きながら庫内を適温に保ち、冷やしすぎを防ぐ。また冷蔵室に備えた高さ調整ドアポケットなら食品・ビンの高さに合わせて2段階の調整ができ、一升瓶も収納可能に。横幅があり奥行きのない冷蔵室は奥まで手が届きやすく、ユーザー目線の使いやすい工夫が詰め込まれた製品となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]2017年2月1日(水)

ハイアールジャパンセールス=http://www.haier.com/jp/


このページの先頭へ